WEBサイト常時SSL

常時SSL化(http→https)には、改ざん・なりすましの防止、企業の信頼性の向上、検索エンジン対策等のメリットがあり、WEBではスタンダードの仕様になりつつあります。導入サポート致しますのでお気軽にご相談ください

 

 

高まるセキュリティ対策の重要性

SSLを導⼊することで得られる⼤きなメリットのひとつとして、サイバー攻撃による被害防⽌を挙げることができます。

サイバー攻撃によって会員情報などの個⼈情報が流出してしまうと、社会的信⽤を失いかねません。こうしたリスクを軽減するためにも、SSL導⼊は不可⽋だと⾔えるでしょう。

 

なぜ常時SSLが必要か?

ウェブサイトを表示する時、常時SSLでないと“保護されていません”などの警告が表示されることがあります。SSLを導⼊しているウェブページは、ブラウザのアドレスバーに「鍵」※のマークが表⽰され、URLが「https」から始まります。つまり、ホームページを閲覧しているユーザーは、SSLが導⼊されているのかをひと⽬で判断することができるのです。顧客の個⼈情報保護にしっかりと取り組んでいるかどうかは、企業に対する印象を⼤きく左右するポイントです。信頼感獲得の⾯でも、SSLを導⼊することのメリットは⼤きいと⾔えるでしょう。