WEBサイト常時SSL

常時SSL化(http→https)には、改ざん・なりすましの防止、企業の信頼性の向上、検索エンジン対策等のメリットがあり、WEBではスタンダードの仕様になりつつあります。新規制作時のSSL導入だけでなく、現在SSL化されていないWEBにおいても導入サポート致しますのでお気軽にご相談ください。

 

常時SSL化の目的

常時SSL化することで、ウェブサイト全体の通信を暗号化(https通信)し、

自社Webサイトのセキュリティ強化、信頼性の向上等を図ります。

常時SSL化のメリット

サイトの信頼性の向上

ブラウザのアドレスバーに「鍵」のマークが表示され、URLが「https」から始まり、SSLが導入されているのかをひと目で判断することができます。

盗聴被害の防止

通信の暗号化(常時SSL化)をすることで、送受信される通信データを第三者が盗聴しても内容が読みとれなくなるのでユーザーの個人情報を守ることができます。

改ざん・なりすましの防止

仮にホームページを完全にコピーしても、SSL通信の際に必要な「秘密鍵」はコピーできません。「秘密鍵」が無い状態でSSL通信を試みてもその通信先が保証されないため、多くのブラウザではページを表示することすらされないため、webサイトの改ざん・なりすましの被害を防止することができます。

検索エンジン対策に優位

Googleが「常時SSLを検索結果のランキングに考慮」を公式発表しております。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

 

https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

アクセス解析ログの精度が上がる

 

 

 

HTTPSページ→HTTPページへの移動は、リファラ(リンク元)の情報が引き継がれません。しかし、常時SSL化することにより、リファラが常に引き継がれるようになるため、解析の精度が上がることが期待できます。

 

 

高まるセキュリティ対策の重要性

SSLを導⼊することで得られる⼤きなメリットのひとつとして、サイバー攻撃による被害防⽌を挙げることができます。

サイバー攻撃によって会員情報などの個⼈情報が流出してしまうと、社会的信⽤を失いかねません。こうしたリスクを軽減するためにも、SSL導⼊は不可⽋だと⾔えるでしょう。

 

なぜ常時SSLが必要か?

ウェブサイトを表示する時、常時SSLでないと“保護されていません”などの警告が表示されることがあります。SSLを導⼊しているウェブページは、ブラウザのアドレスバーに「鍵」※のマークが表⽰され、URLが「https」から始まります。つまり、ホームページを閲覧しているユーザーは、SSLが導⼊されているのかをひと⽬で判断することができるのです。顧客の個⼈情報保護にしっかりと取り組んでいるかどうかは、企業に対する印象を⼤きく左右するポイントです。信頼感獲得の⾯でも、SSLを導⼊することのメリットは⼤きいと⾔えるでしょう。