ドローン ダイナミックな映像表現でより視覚的効果を演出

ドローンは安心・安全に取り組む佐川印刷へ。官公庁取引実績多数 県内安心業者 事故ゼロを目指す徹底したリスクマネジメント。ダイナミックな映像表現でより視覚的効果を演出。ドローン安全講習や導入コンサルも行っています

ドローン撮影

十分な準備を整え「安全第一」で空撮を行います。官公庁取引実績多数 県内安心業者 ドローンを用いたPR動画・CM等の映像制作承ります。ただ上空から飛行させただけではなく、企画意図に基づき効果的な動画をご提案いたします。2013年~業務開始 2015年より国土交通省許可申請更新中

  • 撮影基本料金 50,000円(税抜) ※一回(スタッフ1名・一エリア)
  •  別途見積となるもの
    • 出張・移動・宿泊・交通費(距離や場所に応じ必要とされる場合)
    • 動画編集費用等(必要とされる場合)
    • ロケハン費(必要とされる場合)
    • 写真・動画のデータ支給費用
    • 航空法他関連機関への許可申請費用(別途必要と判断される場合)
    • スタッフ1名追加
    • 複数日撮影、複数エリアでの撮影

許可申請について

  • 許可申請済み 阪空運第14870号 令和2年1月1日から令和2年12月31日
  • 許可申請済み撮影可能内容
    • 日本全国区域
    • 空撮、報道取材、警備、環境調査、設備メンテナンス、インフラ点検・保守、自然観測、事故・災害対応等
    • DID(人口集中地区) 
    • 夜間飛行
    • 人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行
  • 以下は別途許可申請必要のため原則お受けしておりません。
    • 空港周辺
    • 飛行高度150m以上
    • 人口集中地区における夜間飛行
  • 催し物(イベント)の飛行については対象イベントごとに別途許可申請および安全対策が必要です。安全対策の策定についてはお客様およびイベント関係者との打ち合わせ・事前協議が必要となり、許可取得にも時間がかかるため余裕をもってご相談ください。
  • 測量・赤外線撮影、目視外飛行、危険物の投下、物件投下等は承っておりません。
  • 今後法改正により許可取得・飛行条件が変更となる場合もございます。

撮影の仕様

  • 原則一か月以上前からの依頼をお願いします。
  • お客様の立ち会いが必要です
  • 写真・動画の撮影を同時に行うことはできません。
  • 写真撮影、動画撮影以外の業務は原則承っておりません(測量業務、危険物の投下、物件投下等)
  • 一回の飛行目安として、3~最大10フライト程度(バッテリー交換最大四本想定)
  • 一回の撮影時間約3~5分(離着陸にかかる時間含め最大10分以内)
  • 撮影高度100m+距離150m以下 目視内(飛行場所や天候によりそれ以下になる場合もあります)
  • 自動運転・自動撮影システムは行っておりません。
  • 目視外飛行(モニタのみ確認の飛行含む)は安全面の観点から承っておりません。
  • 赤外線カメラでの撮影は行っておりません

安全対策・ご留意事項

  • 基本料金以外に、要件・エリアによって金額が異なりますのでご了承下さい。
  • 飛行日程については、許可申請含む準備の関係もあり、原則として一ヶ月以上前からのご相談をお願いいたします。またあらかじめ複数の候補日をご検討下さい。
  • 万が一に備え、対物、対人に適用される施設所有管理者賠償責保険(1億)に加入しています。
  •  撮影場所は事前に調査し、危険がないか確認しています。危険と思われる場所ではフライトを行いません。
  • 目視外での飛行は行っておりません。安全性を考慮し、撮影は機体の前後が目視で確認できる範囲を撮影請負範囲としております。
  • 操縦時には注意喚起等、周囲に配慮しています。
  • 雨や風が強い日(目安として風速5m以上)・強い霧・雪・雷等悪天候の場合はフライトを行いません。撮影予定日であっても、天候不順や危険と判断した場合はフライトを延期または中止します。
  • 場所や天候条件により、撮影の困難な場合がございます。
  • イベント飛行の場合は 事前に主催者や関係各所への打ち合わせ・許可が必要です
  • 写真と動画でデータ支給の金額が異なります。
  • 撮影には、お客様の立ち会いを必須とさせていただいております。夜間飛行も同様です。
  • 一日の依頼で距離の離れた複数エリアの撮影は原則お受けしておりません(例として異なる市町や山海、河川エリア等)回数を分け、別日の設定をご検討下さい
  • 国交省の許可とは別に、国や自治体・警察・施設管理者等へ連絡・許可が必要な場合がございます
  • 国交省以外の連絡・許可は原則お客様でお願いします。
  • 遠方への撮影については事前にご相談ください

撮影の流れ

  1. お問合せ・お見積り
    •  原則、一ヶ月以上前のお問い合わせをお願い致します。飛行日程については、あらかじめ複数の候補をご検討下さい。急なご依頼にはお応えできない場合がございます。
  2. 住所確認・必要に応じてロケハン
    • 技術・環境的に困難と思われるエリア・オーダー、または航空法を始めとする法律に抵触するエリア・オーダーと判断される場合、お断りする場合があります。場所(環境)が未定の場合も同様です。
  3. 日程調整、許可申請・飛行計画等手続き
    •  天候を鑑み、撮影指定日の他にあらかじめ複数の候補をご検討下さい。
    •  国土交通省のほか、自治体等管轄各所に連絡が必要な場合がございます。特にイベントなどは別途国交省への申請とともに、安全対策について主催者側との打ち合わせが必要です。
    • 所在地の施設管理者や自治体・官公庁等への申請につきましては、お客様の方でお願い致します
  4. フライト
    • お客様から、立会を最低1名以上お願いします
    •  天候不順や風の強い日は現場当日であっても、弊社判断によりフライトを中止させていただくことがあります。
    •  フライトは、原則パイロットの判断にて飛行いたします。操作中の無理な指示は危険を伴うため、指示にお応えできない場合があります。
  5. 納品
  • 撮影後、映像または写真を確認していただきます(現場確認、または限定公開のネットページ等でご確認)
  •  原則納品前先払いです(別途契約にて定める場合を除く)。お支払い確認後、データをお渡しします
  •  悪天候等による当日中止の場合、基本料金は原則頂きませんが、出張費などドローン料金を除く実費をご請求させていただく場合があります。

当社のドローンサービスについて

ドローンが話題になる前の2013年より、佐川印刷は小型マルチコプターによる撮影事業(ドローン事業)に取り組み始めました。これまでに見たことのないような景色・角度での写真・動画は、きっとお客様の感動を呼ぶと考えたのです。長時間のパイロットの訓練、安全対策の取組、メーカー機材の検討を経、サービスを開始しました。以来動画の数500本以上。現在もなお増加中です。空撮による写真や動画は、単なる素材ではなく、情報発信のお手伝いとして、企業・観光PR動画、パンフレット・ホームページ等の制作、土地住宅や災害の調査、イベントや式典の記念撮影、スポーツ振興等、地域活性など幅広い活用をご提案させていただきます。

佐川印刷ドローンサービスの強み

1. 官公庁取引実績多数 県内安心業者

印刷・WEB・動画事業にて主に愛媛県自治体・各管轄官庁との多数取引実績があり、関係者への事前提案・立会、許可申請手続きなどスムーズな業務進行ができています。弊社運営サイト「えひめの動画」の多くは、国土交通省申請以外の各自治体・団体に都度許可を得て撮影・公開されたものです

2. 事故ゼロを目指す徹底したリスクマネジメント

国交省許可申請済み 事前準備を怠らず、万が一のための保険にも加入し安心をご提供します。また天候・風速情報などの気象条件を考慮し安全第一で業務を行います。セミナーや安全講習を通じて安全安心の周知啓発活動も行っています。

3. クロスメディアサービスでコンテンツ利活用提案

印刷・WEB・広告など、多様なクロスメディア事業を展開しています。ドローンによる撮影業務にとどまらず、撮影素材を利用した様々なコンテンツ制作や撮影業務を通じた情報発信のご提案をいたします。

使用機体

使用機体

DJI Phantom4 Pro Ver.2.0

DJI Phantom3 Professional

安全の取り組み「十分な準備を整え、安全第一で空撮を行います。」

  • 国土交通省の「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」を取得しています
  • 万が一に備え、対物、対人に適用される施設所有管理者賠償責保険(1億)に加入しています。
  • 撮影場所は事前に調査し、危険がないか確認しています。危険と思われる場所ではフライトを行いません。
  • 国土交通省による「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」に掲載されている事項に従い飛行いたします。
  • ドローンの安全運用に取り組み、周知啓発を行っております
  • 業務としてドローンの操作運用には安全第一で取り組むだけではなく、ご要望に応じて各地でドローンの安全講習を開催しております。えひめドローン安全協議会に所属し、地域におけるドローンの安全運用の周知啓発活動 社会貢献に取り組んでおります。
  • 航空局が発行する標準マニュアルや資料に基づき独自のドローン安全講習マニュアルを作成し、講習や人材育成に活用しています。ドローン安全講習やセミナーを各所にて実施しています。

ご依頼・許可を得た動画を公開し、安全性と実績を評価していただいています。

  • 弊社のドローン映像は、国土交通省申請以外にも、自治体・団体・企業など関連各所より事前に依頼があるか、または許可を得た上で公開をしております。自社発信のサイト「えひめの動画」は、愛媛県の地域活性につながる動画として、愛媛の公式サイト「松山城ホームページ」「いよ観ネット」などに掲載中です
四国愛媛をネット動画でご紹介 - えひめの動画(四国・愛媛県)
四国愛媛をネット動画でご紹介 - えひめの動画(四国・愛媛県)

ドローン安全講習・導入運用コンサルタント

ドローンに関連する法令や基礎知識等のセミナー、安全講習、実技訓練指導等を行います。セミナーではドローンの需要・今後の展望や法令・リスクについて、学科では無人航空機の基礎知識や安全対策などを、訓練ではドローンの飛行における基本動作を指導します。ドローンの可能性と危険性を学び、航空法等法令を適切に理解した上で、ドローンを業務にて事故なく安全に取り扱うための基礎的な学科講習と実技訓練と行います。

ドローンの導入にいくらかかるのか、操作ができるようになるには、運用の体制は、法令は、許可申請は、訓練場所は、保険は、事業展開するには、、など、業務用ドローンの利活用には様々な運用課題があり、佐川印刷ではドローンの導入準備、年間運用計画、予算策定。訓練・講習など長期的な視野でドローン導入をサポートします。


ドローン関連記事

ドローン お問い合わせ