· 

ネット広告のメリットと得られる効果が分からないときは

  • ネット広告のメリットは大きく三つ
  • ネット広告の種類は大きく二つ
  • ネット広告で得られる効果も大きく二つ

という記事です

実店舗(ホームページ)をより多くの方に来て(見て)もらおうと思えば、

 

  • 店内の改装(リニューアル)
  • 装飾(デザイン・SEO)
  • 呼び込み(ブログ、SNS)

 

だけでは限界があります。

SEOは、専門性を高めた記事が、高い価値としてネットに評価されれば、自然と上がる可能性もありますし、SNSで多くのフォロワーを獲得できれば、アクセスの増える可能性がありますが、そのような専門性やフォロワー獲得のスキル・コンテンツを始めから持っている会社・店は少ないのではないでしょうか。ですから多くの企業は販促費を計上して広告をうつのです。

 

 

多くの広告媒体の中で、ネット広告のメリットは大きく三つです。

  1. 少額から出来て
  2. いつでも始められいつでも止められて
  3. ターゲティング(配信エリア、キーワード、性別や年齢の属性等)を自分で設定できる

ネット広告の種類と、得られる効果は大きく二つです。

  1. 検索連動型広告。検索したときにGoogleやYahoo!検索結果に表示される広告 自分が今探し求めている直接的な要求に応えてくれるサイトであれば、購買・問い合わせにつながりやすくなる。
  2. ディスプレイネットワーク広告・または動画広告。あるサイトや動画を見ていたときに一緒に出てくる広告。見る人も気がつかなかった新たな興味、潜在的なニーズを探し当てる可能性がある。

自分たちの会社・サービスを客観的にどう評価しているかで広告の選択を行います。

  • 検索連動型広告は
    • サービスの強み・特徴がキーワードで言える
    • ターゲット・競合が明確である
    • 多くの問い合わせが欲しい
  • ディスプレイネットワーク・動画広告は
    • サービスを始めたばかり、認知度が低い
    • ターゲットや競合がはっきりしていない
    • 画像や動画などイメージで伝える方がわかりやすい
    • 多くの人に見て欲しい

 

広告の掲載方法や入札など細かな指定もあり、両方やることも当然ありますが、大きくはこのようなことを考えて提供しているサービスとよく向き合って判断します。

ネット広告は、店長や売上げ責任者が自分でやるのが一番いいのですが、書籍や参考記事を読みながら、かなりのトライアンドエラーを繰り返すことになるでしょう。それにかける時間も少なくなく、実業務もあり高負荷で大変になると思います。短期間で高額な金額で無い限り、広告のみで結果を出すのは難しく、長期的な視野にたった運用が必要です。

お勧めするのは、比較的少額な広告費用で運用し、結果を自身のWEBサイトにフィードバックさせて、更新・改修することです。業者に依頼するのであれば、広告とWEBを両方出来るところがよいと思います。自分で広告を行う場合は、専門家にアドバイスを仰ぎながらチャレンジしてみてください。

弊社はWEBサイト制作とネット広告・SEOをトータルで行っています。WEB無料相談も受付中